投稿

治療・SRP・ガムブリーチ

イメージ
  こんにちは HAKUデンタルクリニック歯科衛生士のWMです。 前回のブログは 皆さん拝見して頂けましたでしょうか?( ・ᴗ・ ) 今回は、実際HAKUデンタルクリニックで SRP(歯茎の中の歯石取り)を行われた患者様を ご紹介させて頂きます *患者様には写真を使用しても良いか確認しています。 この患者様は、通院前は歯磨きは毎日ではなく、数日に1回程度。 ご自身で、ずぼらな性格だとおっしゃっておりました。 当院で歯ぐきの検査(歯周ポケットの深さ)をしたところ 全体的に歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の数値も深く 歯ぐきからの出血もみうけられました。 まずスケーリング(歯茎の上の歯石取り)を行い 歯ぐきの中に歯石が付着していることを説明し SRP(歯茎の中の歯石取り)を行っていきました。 SRP(歯茎の中の歯石取り)の回数は6回 歯ぐきの精密な検査(歯周ポケットの深さ)1回 *SRP(歯茎の中の歯石取り)は全部まとめてすることは出来ないため、 どうしても回数がかかってしまいます。 全体的に歯ぐきも引き締まり、ご自宅でのブラッシングも 頑張っておられます。 歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)も少し深い部分はありますが、 ほとんどの部位が健康な数値とされている2~3mmになり 全体的に出血も治まっております。 SRP(歯茎の中の歯石取り)を終えて患者様に お伺いしたところ 「歯の歯石取りを行うにつれて、キレイな歯がいいなって、 歯に対する意識も変わってきました。 歯磨きも今では毎日するようになりました。引き継ぎメンテナンスを頑張りたい。」 との嬉しいコメントを頂きました。 担当させていただいたこちらとしても、とても嬉しいです 患者様は歯がキレイになっていくと 歯ぐきの色も気にされ、当院でガムブリーチも行いました ガムブリーチは歯ぐきの色素をとるものです。 とても健康的な歯ぐきになりました( ・ᴗ・ ) これからも自分の歯を大事に( ・ᴗ・ ) 皆さんも歯のお悩みはなんでも お気軽にHAKUデンタルクリニックに お問い合わせくださいませ〜ヽミ ´∀`ミノ< HAKUデンタルクリニック|松山市(井門町)の歯科、歯医者さん|ハクデンタルクリニック(松山南・松山城南) (hakudental.jp)

スタッフブログ(SRPについて)

イメージ
  こんにちはHAKUデンタルクリニックの歯科衛生士のWMです。 紅葉も色づく季節ですね( ・ᴗ・ ) 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 私事、先日久万高原町の古岩屋に紅葉を観にいきました! とっても綺麗でしたよ 今回はSRP(エスアールピー)についてです SRPって何?と思われる方がほとんどかと思いますが、 私たちが患者様にお話しする際は、歯周病の治療や歯ぐきの中の歯石除去と 言っているものの事を言います! よく、歯医者さんのクリーニングでお水が出る、響く機械を使用し 歯ぐきの上に付いた歯石やプラーク除去をされた方は多いかと思います。 ここだけ(歯茎の上の歯石)を綺麗にしていても、 根本的な歯周病の治療にはなりません 歯周ポケット(歯と歯茎の間)の中、歯の根っこの部分に付着した 歯石やプラークをしっかり除去することで 歯周病の進行をくいとめることができるんです!( ・ᴗ・ ) 歯周病の原因はプラーク(歯垢)と言われる細菌の塊 です。 歯石が付いていると歯の表面がザラザラし、 そのザラザラにプラークが付着しやすいようになります。 そうすると歯周病が進行してしまいます。 歯の表面をツルツルにすることで、 患者様ご自身がプラークを除去しやすい環境を作っています。 この歯周病の治療SRPは 歯ぐきの中の見えない歯石を探りながら除去していく、 繊細な治療になりますので 治療にはどうしても回数がかかってきます。(4~6本ずつ行う) また、沈着している 歯石の量によっても回数が変わってきます。 HAKUデンタルクリニックでは 治療に入る前に何回ぐらい治療の回数が かかるかをしっかりとご説明した上で、治療を進めていきます。 また、当院は歯周病の治療SRPは しっかりトレーニングを積んでいる 歯科衛生士が担当して行っていますので 安心して治療を受けていただけます。 歯周病の改善には 私たちが行うプロフェッショナルケアでは 結果が半減してしまいます。 患者様ご自身が行うセルフケア(毎日の歯ブラシ)も 大変重要です。 もちろん。正しいブラッシング方法を しっかりとお伝えいたしますので 一緒に治療を頑張っていきましょう!( ・ᴗ・ ) 次回は実際当院で SRPを行った患者様について お話しさせてくださいませ〜ヽミ ´∀`ミノ< 歯のお悩みは お気軽にご相談ください スタッフ一同笑顔でお待

メンテナンスの重要性

イメージ
 こんにちは。井門町のHAKUデンタルクリニックの越智です。  当医院では以前より予防歯科に力を入れております。 歯が痛くなってから 歯医者さんへ行くのではなく、 定期的に歯医者さんに来て頂いて 、 お口の中の状態を少しでも綺麗に維持していきませんか?     定期的なメンテナンスを受けて頂くことにより、 むし歯の予防 ・歯質の強化、 歯周病などの改善 、などの効果を実感して頂けると思います。    また脳血管障害や心筋梗塞・糖尿病・認知症などを防止し 健康寿命に寄与しております。  是非、定期的なメンテナンスをお受けください。       虫歯や歯周病など歯科の病気は細菌による《感染症》 です。 そのため、もしもこれらの症状にかかってしまった場合は 、 放っておいても自然治癒することはありません。  さらなる感染拡大を食い止めるためには 早期発見、早期治療が重要 となり、  そもそも感染させないという《予防処置》が大切です。  ブラッシングだけでは歯の汚れを落としきることができません。 むし歯と歯周病の再発を防止するためには、患者さんが日ごろから 丁寧にブラッシングを行うことがとても重要です。  当院では患者さん一人ひとりに合ったブラッシングの方法をお伝えしています。 しかしながら、ブラッシングだけでは不十分であるのも事実です。 歯のプロである歯科医師、歯科衛生士でも、ブラッシングだけで食べかすや歯垢を すべて取り除くことはできないのです。 <メンテナンスの頻度>  日ごろ忙しいにと方々にとってブラッシングに長い時間をかけるのは簡単ではないでしょう。 しかも、知らず知らずのうちに磨き方に癖がついてしまったり磨きにくいところもあるので、 磨き残しはどうしてもあるものです。 ですから、定期的に歯科医院でメンテナンスを受け、専用の器具を使って 歯垢や歯石を取り除くようにしましょう。 患者さんのセルフケアの状況によっても異なりますが、 当院では3、4ヵ月に1度のメンテナンスをお勧め してます。   <メンテナンスで行うこと> 歯石取り ご家庭のブラッシングでは取り切ることのできない歯石を、専用器具を用いて除去します。 PMTC PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専門家が専用器具やフッ化物入りペーストを用

開業して半年 お知らせ

イメージ
 2021年9月25日で開業して半年になります。 まだ肌寒い時期に開業準備していたことが、随分前のことのように感じられます。 コロナの時期に内覧会を行ったにも関わらずたくさんの人に来院していただき、 その方々が通院してくださり、診療できていることに感謝しています。 まだ半年ですが、来院してくださった患者さんが、ご家族やお知り合いを 紹介してくださることが大変多く「地域に根づいた歯科医院」を目指す当院にとっては、 非常に嬉しく感じています。 そして何より、元気で明るく気配りができるスタッフ達に 支えられてここまでこれました。 小さなお子様からご高齢の方まで一生のお付き合いができる歯科医院を目指して スタッフ一同精進してまいりますので、今後ともHAKUデンタルクリニックを よろしくお願いします。 HAKUデンタルクリニックの今月の休診日のお知らせです。 カレンダー通りですが、9/20、9/23が休診日になります。 HAKUデンタルクリニック|松山市(井門町)の歯科、歯医者さん|ハクデンタルクリニック(松山南・松山城南) (hakudental.jp)

お盆休みのお知らせ

 今回のブログはHAKUデンタルクリニックの 8月の休診日とお盆休みのお知らせです。 カレンダー通りの8/9日、お盆が8/13日、14日、15日の3日間です。 ご迷惑かけますが宜しくお願いします。 HAKUデンタルクリニック|松山市(井門町)の歯科、歯医者さん|ハクデンタルクリニック(松山南・松山城南) (hakudental.jp)

ガムブリーチング(歯茎のピーリング)

イメージ
 本日はガムブリーチング(歯茎のピーリング)についてお話します。 「歯ぐき」が黒ずんでいるのが気になる、という方には、ガムブリーチング(歯ぐきの色素沈着除去=歯茎のピーリング)をご検討いただいています。 歯ぐきが黒ずんでいると、いくら歯が美しくてもその美しさが台無しになってしまいます。 歯ぐきが黒ずんでしまう原因は遺伝や喫煙など様々ですが、基本的にはメラニン色素の沈着です。 歯ぐきが健康的でキレイなピンク色になる ことで、歯の美しさがより際立ちます。 治療は1~2週間に1回~3回行います。お薬を塗布するだけなので、気軽にできる治療です。 早い人であれば1回で満足できます。 一回の治療時間は15~30分程度です。 それをおよそ1~2週間おきに患者さんが希望される回数行います。 大体は1~2回程度の治療で歯茎が綺麗な色になります。 お薬を塗布するだけなので、気軽にできる治療です。 お薬(フェノールとアルコール)を歯茎に塗布する際、多少ピリピリした感じがでることもあります。 少し日焼けしたときのような感覚がありますが、 ほとんど痛みが無く、治療後も、歯ぐきが一時的に白っぽくなるだけです。 *フェノール、アルコールアレルギーの方は使用できません。 施術後1週間前後〔個人差があります〕で白い部分が日焼けで皮がめくれる様にむけていきます。 HAKUデンタルクリニックでは1回、片顎(上か下)で税込み¥3300で、 両顎で税込み¥5500です。 最初の状態(薬を塗る前)です。 1週間後の状態です。 1回でここまでピンクになります。歯茎の色が気になる方は HAKUデンタルクリニックでガムブリーチング(歯茎のピーリング)を行いませんか? HAKUデンタルクリニック|松山市(井門町)の歯科、歯医者さん|ハクデンタルクリニック(松山南・松山城南) (hakudental.jp)

お知らせ

イメージ
今回のブログはHAKUデンタルクリニックの今月の休診日のお知らせと、 お子様の治療後のご褒美の開始についてです。 カレンダー通りではありますが 7/22・7/23 が休診日です。 治療を頑張ったお子様に、治療後にご褒美を始めました。 HAKUデンタルクリニック|松山市(井門町)の歯科、歯医者さん|ハクデンタルクリニック(松山南・松山城南) (hakudental.jp)